キャットフードの善し悪し

総合栄養食以外のキャットフードの活用のしかた

キャットフードはAAFCO(全米飼料検査官協会)の基準を満たした総合栄養食を与えていれば、栄養的にはほぼ問題ありません。
では、それ以外の一般食や副食はどのように活用していけばいいのでしょうか。

総合栄養食のデメリットは?

総合栄養食は、猫にとって必要な栄養分がすべて含まれています。
このため、総合栄養食と水だけを与えていれば、猫の栄養バランスが崩れてしまうようなことはありません。
極論ですが、猫がちゃんと食べてくれるのならば、それ以外のものは必要ないとさえ言えるのです。
問題は、その「食いつき」にあります。
人間に食べ物の好き嫌いがあるように、猫にだって食いつきのいいものと悪いものがあります。
猫によっては総合栄養食ばかり与えていると、食いつきが悪くなってしまう個体も存在しています。
いくら総合栄養食がバランスに優れているといっても、必要な量を食べてくれなければ意味がありません。
これが総合栄養食の数少ないデメリットのひとつです。

猫の食欲をアップさせる

こういうときこそ、一般食や副食の出番になってくるのです。
総合栄養食が「カリカリ」と呼ばれるドライタイプのものが多いのに対し、一般食は猫の食いつきが良いとされるウエットタイプのものが多くなっています。
総合栄養食の食いつきが悪くなってきた猫に対し、一般食を与えることで目先を変え、食欲をアップさせるというわけです。
副食についても、基本的には同じです。
そもそも副食は「おやつ」のようなもので、猫が好んで食べるような味になっています。
これも一般食同様に、食欲アップにつながってくれそうです。
気をつけてほしいのは、いくら猫の食いつきがいいからといって、一般食や副食ばかり与えてはいけないということです。
これらは総合栄養食ほどバランスが良くありませんので、猫の栄養バランスを崩し、健康状態を悪化させてしまう可能性があるからです。
あくまでも総合栄養食をベースにして、一般食や副食は補助的に利用するようにしましょう。

ページのトップへ戻る