キャットフードの善し悪し

グレインフリーキャットフード

最近、キャットフードの宣伝を見ていると「グレインフリー」ということをセールスポイントにしている製品が目立ちます。
グレインフリーキャットフードとはどういうもので、猫にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

猫は「完全肉食動物」

グレインとは「穀物」のことで、グレインフリー穀物を含んでいない、動物由来の原料だけで作られたものだということです。
なぜこのような製品が販売されているのかを説明する前に、猫の食生活の特徴について知っておきましょう。
猫は本来、動物性のものしか食べない「完全肉食動物」です。
腸が極めて短いため、植物性のものを食べてもうまく消化できず、うまく栄養になってくれないのです。
実際、野生の猫科動物であるライオンやトラなどは、草食動物をはじめとする動物性のものばかりを食べています。
では、なぜ多くのキャットフードに穀物が含まれているのかというと、穀物を混ぜて量を増やし、コストを抑えるためです。
本来猫が食べないはずの穀物を与えることは、炭水化物の過剰摂取につながり、糖尿病の原因になります。
また、猫によっては穀物がアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

グレインフリーキャットフードのメリットは?

グレインフリーキャットフードは、この穀物を完全に排除することで、本来の猫に近い食生活にすることができるのです。
これによって同じ量を食べてもタンパク質の摂取量が増加し、猫の体調を整えることにつながるのです。
穀物によってアレルギーを引き起こすこともなくなります。
付け加えると、猫もグレインフリーキャットフードが本来の食べ物に近いということを理解しているのか、食いつきが良くなることも分かっています。
猫にとってメリットだらけと言っていいでしょう。
ただ、穀物入りのキャットフードに慣れた猫がグレインフリーキャットフードを食べると、一時的に便がゆるくなってしまうこともあります。
そういう場合は体を慣らすため、少しずつグレインフリーキャットフードに切り替えていきましょう。

ページのトップへ戻る