キャットフードの善し悪し

ドライキャットフードの選び方

猫の主食となるドライキャットフードですが、初めて猫を飼うので選び方が分からないという人も多いのではないでしょうか。
ドライキャットフードは、どのようにして選べばよいのでしょうか。

ポイント1・タンパク質の含有量が多い

猫は完全肉食動物なので、タンパク質が多く含まれているものほど猫の体にとって良いものだと考えていいでしょう。
オススメは、穀物が含まれていないグレインフリータイプのものです。
成分表を見てとうもろこしなどの穀物が最初に来ているような製品は、タンパク質の量が少ないので推奨できません。

ポイント2・猫の年齢に合わせたものを

キャットフードには幼猫用、成猫用、高齢猫用などいろいろなタイプのものがあります。
猫の年齢に合わせたものを与えるべきです。
成猫に幼猫用を与えるとカロリー過剰、高齢猫用を与えるとカロリー不足など、不具合が生じてしまうためです。

ポイント3・味は好みに合わせて

キャットフードの原材料にはチキン、七面鳥、ラム、鹿、魚などがあり、いずれも味が異なっています。
人間に食べ物の好き嫌いがあるように、猫にも好みの味があります。
その猫が食いつきの良い、このみの原材料のものを選ぶようにするのがオススメです。

ポイント4・危険な添加物には注意

ほとんどのキャットフードには品質を保持したり、見栄えを良くしたりするために添加物が含まれていますが、中には猫の体にとって良くないものもあります。
例えばBHAや亜硝酸ナトリウムには発癌性があります。
また、BHTやソルビン酸カリウムには催奇形性があります。
こうした添加物が猫の体にとって良くないのは、言うまでもありません。
逆にトコフェロール(ビタミンE)やアスコルビン酸(ビタミンC)などは、猫の体にとって害はありません。
添加物が含まれているかどうかだけでなく、何が使用されているかも重要なのです。

キャットフードを選ぶ際の主なポイントは、以上の通りです。
いずれにしても、猫の気持ちや体のことを考えて選ぶようにするのが重要なのです。

ページのトップへ戻る