キャットフードの善し悪し

穀物入りキャットフードのメリット・デメリット

キャットフードの成分表を見ると、原材料にとうもろこしをはじめとする穀物が入っている製品があります。
中には、成分表の最初に穀物が書かれている(最も多い成分が穀物)製品もあるぐらいです。
穀物入りのキャットフードには、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

穀物入りキャットフードのメリットは?

穀物入りキャットフードのメリットは、製造コストが安いため、安価で入手できることです。
そもそも肉の元となる動物は、鶏も七面鳥も穀物を食べて成長するものです。
1匹が成長するためには大量の穀物が必要なので、結果としてどうしても原材料費が割高になります。
実際、穀物を使用していないグレインフリーキャットフードは、例外なく高価なものになっています。
コストが安い穀物を混ぜることで、原材料費を抑えることができるのです。
実際、安価な製品の成分表を見ると、トップに穀物と書かれている製品が散見されます。

穀物入りキャットフードのデメリットは?

では、穀物入りキャットフードのデメリットは何でしょうか。
ひとつは、猫にとって必要な栄養が不足してしまう可能性があることです。
そもそも、猫は完全肉食動物で、穀物に含まれている炭水化物の消化・吸収は苦手です。
つまり、消化が悪く、入っている栄養素を十分に吸収できないのです。
この結果、量を食べているのに栄養分が不足するという事態が起きてしまう可能性があります。
また、穀物の中でも、麦やとうもろこしのようにグルテンが含まれているものは要注意です。
猫がアレルギー症状を引き起こす原因物質になるケースがあるからです。
猫においしく食べてもらいたくて買ったキャットフードがアレルギーの原因になるなんて、目も当てられませんよね。

キャットフードに穀物を入れるのは、作る人間にとってメリットがというだけのことです。
猫にとってメリットは皆無と言っていいでしょう。
穀物が含まれていないキャットフードの方が、猫にとってはメリットが大きいのです。

ページのトップへ戻る