キャットフードの善し悪し

キャットフードは賞味期限が長いもののほうがいいのか?

キャットフードにも賞味期限があり、製品によってその長さは異なっています。
賞味期限が短い製品に比べ、長い製品の方が長期にわたって使用できるため良い製品だと思う人もいるでしょうが、果たしてその判断は正しいのでしょうか。

キャットフードに賞味期限が設けられている理由

キャットフードにはタンパク質だけでなく、動物や植物由来の脂肪分も含まれています。
完全肉食動物である猫にとって、脂肪はタンパク質と並んで必要な栄養素だからです。
問題はキャットフードを開封して時間がたつと、空気に触れて酸化してしまうことです。
酸化した脂肪が猫の体内に入ると下痢の原因になるなど、体調に悪影響を与えてしまいます。
そうならないようにするために、キャットフードには賞味期限が設けられているのです。

賞味期限が長いことには理由がある

では、なぜキャットフードによって賞味期限が違っているのでしょうか。
それは、使われている添加物の違いによるものです。
例えば、酸化防止剤としてトコフェロール(ビタミンE)やアスコルビン酸(ビタミンC)などを使用している場合、効果が長期間にわたって持続しませんので、どうしても賞味期限が短くなってしまいます。
逆にBHAやBHT、エトキシキンなどは効果が長期間持続しますので、添加している製品は賞味期限が長くなってくれるというわけです。

危険な添加物は猫のためにならない

ただ、効果が長続きする添加物には、猫の体にとって良くないという問題点があるのです。
例えば、BHAには発癌性があることが分かっています。
BHTには催奇形性があるとされています。
また、エトキシキンに至っては人間への使用が認められていないほど危険なものなのです。
これに対してトコフェロールやアスコルビン酸はただのビタミン剤ですから、食べても毒になりません。

賞味期限が長いキャットフードは、決して質の良いものではありません。
チェックすべきは、賞味期限の長さよりも、どのような添加物が使用されているかなのです。

ページのトップへ戻る