キャットフードの善し悪し

質の悪いキャットフードの見分け方

愛猫の健康のために質の良いキャットフードを与えるようにしたいというのは、飼い主共通の願いと言ってもいいでしょう。
そのためには質の悪いキャットフードを見分ける必要がありますが、どのようにすればいいのでしょうか。

見分け方1・原料に「ミートミール」とある

猫は肉食動物ですから、キャットフードに含まれている肉の質は大きな問題となってきます。
質の悪いキャットフードは、この肉の質に問題があるケースが多いのです。
原材料に「ミートミール」と書いてある製品は、すでに死んでいたり病気だったりという動物の肉が含まれている可能性が高いのです。
当然のことながら栄養価も高くないので、猫の健康にも良くありません。
質の良い製品は「鶏肉」など、ちゃんとした原材料が記載されています。

見分け方2・穀物が多く含まれている

猫は肉食動物なので、穀物を摂取しても栄養にならないどころか、糖質の過剰摂取やアレルギーにつながってしまうこともあります。
成分表を見て、トウモロコシなどの穀物が上位に来ている製品は、穀物が多く含まれているため質が高くありません。
悪質な製品の中には「トウモロコシ」「トウモロコシ粉末」が分けて記載されているケースがありますが、これは穀物が成分表の最上位に来ないようにするためのトリックで、質の悪いキャットフードの常套手段と言っていいでしょう。

見分け方3・添加物が含まれている

ドライフードの中には保存性を高めるために添加物が含まれている製品もありますが、はっきり言って添加物は猫にとって百害あって一利なしです。
発がん性があるため人間に使用してはならない成分も、キャットフードに規制がないのをいいことに平気で使用されている例も散見されます。
質の悪いキャットフードは原料が悪いため、質の劣化を防ぐために危険な添加物含まれており、これによってさらに質を低下させるという結果になっています。

質の低い肉、穀物、添加物の3つが含まれているのが、質の悪いキャットフードです。
購入前に成分表をチェックし、こうしたものが含まれていないかどうかチェックしておきましょう。

ページのトップへ戻る