キャットフードの善し悪し

高いキャットフードと安いキャットフードの違い

キャットフードには激安製品もあれば、かなり高価な製品もあります。
同じキャットフードでなぜこれだけ値段が違うのと思う人もいるかもしれませんが、値段なりの違いというものはあるのです。

原材料の質が違う

まず、高いキャットフードと安いキャットフードでは、原材料の質が違います。
言うまでもなく、高いキャットフードの方が質は上です。
高いキャットフードの原材料を見ると、チキンや七面鳥などの名前がちゃんと記載されています。
これはちゃんとした肉を使用している証拠です。
キャットフードの中には「ヒューマングレード」という人間が食べられるものを原料に使用している製品や、「グレインフリー」という猫に本来必要な肉だけを使用している製品もあります。
これに対して、安いキャットフードは原材料のコストを抑えるため、穀物を多く配合しています。
酷いものになると、穀物が肉類よりも多いことすらあります。
猫にとって植物性のものは消化が良くありませんので、栄養価は低くなります。
また、肉についても死骸をはじめとする質の悪いものを使用している激安製品もありますので、注意が必要です。

添加物が違う

高いキャットフードは原材料が良いため、効果の高い添加物を使用する必要がありません。
トコフェロール(ビタミンE)やアスコルビン酸(ビタミンC)、クエン酸のような人間が摂取しても問題がない添加物は、必ずしも効果は高くないものの、猫にとっても問題のない安全性を確保していると言っていいでしょう。
逆に安いキャットフードは原材料の質が悪いため、効果の高い添加物を使用しています。
BHAやBHT、亜硝酸ナトリウム、エトキシキンはその好例です。
これらは効果が高い代わりに安全性が低く、エトキシキンに至っては人間の食べ物への使用が許可されていません。
当然のことながら、猫の体にとっても良いわけがありません。

このように、高いキャットフードは安いものに比べ、安全性が高くなっているのです。
ただ、高価な製品の中にも危険な添加物が使用されているケースがありますので、その点については購入前に成分表を見て確認しておきましょう。

ページのトップへ戻る