キャットフードの善し悪し

発がん性物質の含まれるキャットフード

キャットフードには「カリカリ」と呼ばれるドライタイプのものと、缶やレトルトパウチに入ったウエットタイプのものがあります。
このうちドライキャットフードには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ドライキャットフードのメリット

ドライキャットフードのメリットは、水分がほとんど含まれていないため、同じ量だとウエットキャットフードよりも栄養価が高めなことです。
総合栄養食に認定されている製品も多く、ぶっちゃけドライキャットフードと水さえあれば栄養的には問題がないケースもあります。
開封後の賞味期限が長いこともメリットと言っていいでしょう。
ドライキャットフードは開封後、1カ月ぐらいは持ちますが、ウエットキャットフードはその日のうちに食べてしまわないといけません。
また、葉で噛み砕くことで歯石の付着を防ぐことができるのもメリットと言っていいでしょう。

ドライキャットフードのデメリット

では、ドライキャットフードのデメリットは何かというと、ウエットキャットフードに比べて食いつきが良くないことです。
どんなに体に良いといっても、十分な量を食べてくれなければ栄養不足の原因になってしまいます。
水分の含有量が少ないため、別に水を用意しておく必要があるというのもデメリットでしょう。
猫は比較的水を飲まない動物ですが、ドライキャットフードを中心に食べさせている場合、水を全く与えないというわけにはいかないのです。
ウエットキャットフードに比べて消化が良くないのも、ドライキャットフードのデメリットのひとつでしょう。
特に穀物など、猫と相性の悪い植物性の原材料が多く使われている製品は、便秘の原因となってしまうこともあります。

ドライキャットフードは栄養面では問題がない製品が多く、歯石防止効果もあります。
ただ、食いつきの点で問題を抱えているのも確かです。
もしドライキャットフードの食いつきが悪くなったら、ウエットキャットフードの助けを借りるのもいいかもしれませんね。

ページのトップへ戻る